2007年06月04日

待っているだけじゃあいけません。

こんばんわ。
急に気が変わりましたが、商材を売ろうかと思っていましたが
やめました。どんどん公開していこうと思います。

何故そんな気になったかは又後日。

先日、僕の師匠でもあるseekの前田先生と話していた時、
こんな会話をしました。なるほどな〜と思いましたので
書いてみたいと思います。

どんなお店も物を売って売上を上げています。
アパレルショップ、雑貨屋さん、etc販売系のお店などです
飲食店も料理を提供して売上を上げています。

では、店舗を構えずに売上を上げるところはどんな事をするか?
というと、営業ですね。
営業をして契約を取り、商品を発送する。
当たり前の事ですね。

この、一見他業種に見えるところでも同じ事があります。
商品を売る事です。

そんなの当たり前じゃんと思うかもしれませんが。
店舗を構えているところは来店したお客様に商品を売る。
無店舗のところは外に出て、お客様と会って商品を売る。

どちらも商品を売る事は一緒です。つまり営業です。
ただ、店舗があるかないかの違いだけです。

店舗を構えるお店で良く見る光景が
お客様が注文するのを待つ、持ってきた商品をレジで打つ。
販売の仕事、飲食店の仕事って
多くの人がこれが普通だと思っているんじゃないかなと思います。

でも、これって営業かな?営業じゃないよね。
こちらからアプローチをしていかないといけませんね。

特に飲食店は、僕が思うにちょっと特殊だと思います。

他の販売業は商品をレジに持っていったりしてから売買成立ですが
飲食店は、お店に入った時点で、契約が成立したようなものです。

その為か、お店側からのアプローチが少ないように思います。

販売業では、お店に入っても買わずに出て行く人もいます。
その短い間にどうやって商品を買っていただくか。
陳列の工夫であったり、POPで告知をしたり、お客様と会話したりと色々としています。

では飲食店は?
先ほども述べたように入った時点で契約というお互いの暗黙の
了解があるため、お客様はこちらが営業しなくても勝手に注文してくれます。お客が来れば特に何をしなくても売上が上がりますが、
客足が減れば売上も下がりかねません。

2〜3年もたつと店舗の認知度も知れ渡り、来店人数も落ちてきます。
そこで、さあどうしようと慌てる店舗さんが多いような気がします。

チラシなどの販促でお客様を囲う事も一つの営業活動ですが、
費用の掛からない、店舗内での営業活動にも力を入れてみてはどうでしょう。

店舗内での営業活動は重要です。
営業活動は常連さんを作ったり、客単価を上げたりする活動です。
その中でリピーター作りはとても重要です。リピーターを作るには、
まず、お客様に親しまれるスタッフ、店舗作りが大事です。

どんな業態でも優秀な営業マンを育てる事が重要ですね。
人材育成は時間が掛かるからと後回しにしてると
後で慌てる羽目になりますよ。

人材(人財)を育てる事が企業価値を上げることだと私は思います。
組織の内部に目を向けて育成に取り組んで欲しいと思います。
 

参考になりましたら、ポチッ!とな。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村 企業ブログ 飲食店・宿泊業へ
にほんブログ村 経営ブログへ










posted by 次元 at 23:38| Comment(0) | 接客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。